くらしのワークショップ “花育”を開催しました!

ありがとうの気持ちをこめて
父の日に手作りの花束をプレゼントしよう!

昨日までの雨もあがり、晴天となった今日。

報徳の杜でのワークショップ“花育”が開催されました。

それぞれ好きな絵をかいたり、スタンプを押して器を完成させたあと、

好きなお花を、お子さんたちに選んでもらい、ママに手伝ってもらいながら、器に挿してアレンジメントが完成しました。

とっても素敵な作品が完成し、皆で作品を見たあとは、仲良くひろばで遊んでいました。

初めてのお子様同士も自然とお友達になり、とても楽しい時間となりました。

この手作りのプレゼントにパパもきっと喜んでくれると思います。

ご参加ありがとうございました。









花や緑に親しみ、育てる機会をとおして、やさしさ

や美しさを感じる気持ちを育むことをいいます。

 

自然からの贈り物である花を通してもともとその人に備わっている

好奇心を目覚めさせたり、潜在能力を引き出すことができます。

 

右脳を活性化させることで

・応用力(ひらめきの力)を引き出します

・その人が持っている潜在能力を目覚めさせます

・自然界のギフトといわれる花に触れることで生物への興味を育みます

・右脳を活性化させることで精神的な側面や感性を高めます

・花の癒し効果により気持ちが和らぎます。

・7歳までに美しいものを目にしたり触れることが少ないと感受性の弱い大人に

なってしまいます。色彩豊かな花に触れることで子供の感受性を育みます。


 

ページトップ

© 報徳の杜 All rights reserved.