みんなの思いを後世に。


みんなの大鳥居プロジェクト

報徳二宮神社表参道鳥居建立事業「御用材伐採式」が執り行われました。

建立イメージ

平成29年秋。表参道入口に新しい鳥居が建立されます。
報徳二宮神社は小田原市が策定した「清閑亭周辺散策路整備計画」に伴う歩道拡張計画に応じ、これ に協力する為、現在の鳥居・道路脇の樹木・駐車小屋等々の移転・伐採等々をせざるをえなくなりました。現状の鳥居は古いもので、これを移転をすることは難 しく、一部を神社宝物として保存し、新たに平成29年秋を目処に新しい鳥居を建立します。

小田原の木をつかい、小田原のみんなで建立する鳥居。
新しい鳥居は、小田原の辻村の森にある樹齢およそ300年の杉の木をいただき、城址口鳥居と同様に「みんなの鳥居プロジェクト」として、小田原の「木」に 携わる職人さん達の技術と、このプロジェクトにご賛同いただく多くの方々の思いを重ね後世に伝える事業として建立する予定です。


このプロジェクトのはじめにあたり、お伝えしたいこと。

かねてより準備を進めてきたこの御用材の伐採式。
新しい鳥居を作るには、樹齢300年といわれる高さ約35m、幹の直径も1m以上ある大きな木が4本必要です。

これを、まずは15mの長さのところで伐採ますが、それでも重さは約10tともいわれ、
この木をどうやって山から引き出して、運んで製材するか。
引き出し方法や、引き出しルートなど、これまでにない大きさだけに、
長きにわたって多くの検討を重ねてきました。

このプロジェクトは単なる建築物の製作ではありません。
時代は変わってきていますが、歴史ある小田原には昔から大切な伝統技術があり
これを先代から今も受け継いでいる職人さん達がいるのです。

そんな小田原の木に携わる方々とみんなで力をあわせて、
全国にも数少ない大きな鳥居を建立すること。
そして、そのプロジェクトには皆さんにも参加していただいて
一緒に気持ちを宿していただき
技術の伝承はもとより、この時代を生きる小田原の人々の誇りともなる
みんなの気持ちが宿った大きな鳥居を建立したいと考えています。

御用材伐採式 平成27年12月6日(日)

いよいよ1本目の御用材伐採式を斎行。奉賛会・報友会関係者が集まりました。伐採に先立ち祭典を執り行い、その後全員で斧入れをしたのち伐採となりました。

























来年2月3月にはどなたでもご参加いただける伐採式も開催いたしますので、ぜひご参加ください!

ページトップ

© 報徳の杜 All rights reserved.